開墾はベランダから

農業のことを中心に日々の雑感などつれづれに

途中収穫と生育状況

こんばんは。

先週一週間は平日中ずっとギラついた日差しがあり、

週末農業の身としてはかなり心配になる一週間でした。

 

打って変わって、この週末から来週一週間は雨模様と、

もう少し刻んで交互に雨が入るといいなあと思いながら、

畑に向かいました。

 

まずは玉ねぎから。

f:id:caicon:20200516223113j:plain

猩々赤(中晩生種)

f:id:caicon:20200516223135j:plain

レッドグラマー(早生種)

前回より一回り程度大きくなっていて、

太陽の恵みを存分に受けていた様子でした。

前に心配したほどの疫病被害もなく、すくすくと生育しています。

 

caicon.hatenablog.com

 

一つ気になるのが植えた時期は全く同じにも関わらず、

明らかに猩々赤の方が球が大きいこと。

写真の通りレッドグラマーは既に倒伏していたものもあったので、

土質との相性もあってのことなのでしょうか。

f:id:caicon:20200516223538j:plain

レッドグラマーの若採り

 

次ににんにくです。

f:id:caicon:20200516223623j:plain

にんにくの畝

にんにくも芽の収穫がなから終わったのと、

頂部が枯れ始めてきたので試しで一本収穫してみました。

f:id:caicon:20200516223737j:plain

にんにくの若採り

まだまだ生育途中な感じだったので、

さすがに球も小さい感じでした。

しばらくは放置で行こうかなと思います。

 

最後にコールラビ

f:id:caicon:20200516223858j:plain

コールラビの畝

一番、晴天が続いて水があげられない状況で、

最悪枯れてしまったかと心配していたのですが、

全く問題なく成長していました。

種から直播きで間引いて土寄せ程度の手のかけ具合だったのですが、

順調に生育しているように見えます。

 

f:id:caicon:20200516224102j:plain

コールラビの生育状況

手前に見えるトイレットペーパーの芯は、

本でペットボトルを筒状に切ったものを苗の周りを包むように刺しておくと、

虫たちが入ってこれなくなったり、保温効果があると書かれていたのですが、

 

ずぼらな私はそれだけのペットボトルを用意するのも面倒臭く、

より楽に考えたのがトイレットペーパーの芯でした。

勝手に自然に帰るしより良いかなと。

 

ただ、苗が大きくなってきて窮屈になってきたので、

芯の上部だけでも切ってやらないといけないかなと思っています。

 

 

現在の畑の状況はこんな感じでした。

そろそろ6月に近づき収穫も見えてきました。

 

細々した作業とにんにくの芽採り

こんにちは。

今日もせっせと畑に行ける貴重な土日を逃さず畑で作業をしてきました。

来るべき夏の盛りに向け、細々したことを終わらせてきました。

 

1.さつまいもの植えつけ

f:id:caicon:20200510172540j:plain

さつまいもの畝
  • ハロウィンスイート
  • パープルスイートロード
  • くりこがね
  • こがね千貫

を植えつけました。昨年は苗の予約が遅れ、買えなかったハロウィンスイートを

念願かなって購入することができました。

これから日照りが続くので少し活着に不安はありますが頑張って欲しいです。

 

2.メロンの植えつけ

f:id:caicon:20200510173035j:plain

プリンスメロンの植えつけ

今年は畑を拡充したこともあり、失敗覚悟で色々な野菜を育てようと思い、

ずっと怖くて手が出せなかったメロンも2本だけ植えつけました。

週末農業での栽培はかなりハードルが高そうですが、頑張って欲しいです。

 

3.玉ねぎの草刈り

もうすぐ収穫に向かっていると思われる玉ねぎについて、

ずっと放っておいた草の束にいよいよ手を出しました。

f:id:caicon:20200510173340j:plain

レッドグラマー(早生種)

f:id:caicon:20200510173530j:plain

猩々赤(中晩生種)

こうやって比べてみると、レッドグラマーの方が品種の違いもあって肥大しています。

ガチガチの土なので肥大しないかもなあ。と思っていたりしたのですが、

球が肥大してくると地割れのようになって、

改めて野菜たちの生命力の強さを実感しました。頑張ってます。

 

4.にんにくの芽採り

f:id:caicon:20200510173912j:plain

にんにくの畝

玉ねぎ同様に若干枯れ始めて収穫を感じさせるにんにくたち。

基本的にノーチェックで放任していたのですが、

今回見てみると、「あれっ、これってもしかして」と。

 

f:id:caicon:20200510173854j:plain

にんにくの芽

肝心の芽がボケているという。

にんにくの芽が生えていてテンションが上がりました。

「そうじゃんか。にんにくって芽も取れるんじゃんか」

と今更ながら思い、早速収穫。

 

f:id:caicon:20200510174159j:plain

にんにくの芽の収穫

芽の根元を親指で抑えて優しく抜くと、

するりと抜ける、というより取れると行った気持ちのいい感触が。

それだけのためにせっせとすぽんすぽん芽を取っていました。

 

f:id:caicon:20200510174417j:plain

にんにくの芽のオイスター炒め

夕飯にしました。

市販の芽だと筋っぽいのもあったりするのですが、

たまたま収穫期がよかったのか、比喩ではなくホクホクとしたお芋みたいでした。

芽の部分だけでなく、花の部分も一緒に食べたのですが、

問題なく食べられ、にらみたいでした。

 

こうやって収穫があるとモチベーションが上がりますね。

楽しい一日でした。

 

らっきょうの収穫と簡易温室もどき

ここ最近の天気は、

平日に晴れが続き、

休日に雨が降る、

という週末農業泣かせな天候が続いていて気持ちもどんよりです。

 

さて、前回の(駆け足)記事の最後で、

 

caicon.hatenablog.com

 

島らっきょうの収穫をしました。

まだ球も大きくなっていない状態だったので、

かなり若採りな感じだったのですが、

お試し感覚で食べてみました。

f:id:caicon:20200509221050j:plain

小松菜の間引き菜と島らっきょう

個人的にらっきょう自体はそこまで好むわけではないのですが、

こちらは生でかじってみると、

「辛味のないアサツキ」といった感じですごく癖のないお味でした。

つまりとっても美味しかったです。

 

f:id:caicon:20200509221259j:plain

島らっきょうの酢漬け

残りは酢漬けにしたのですが、

一日二日あたりしてから食べるとほのかに感じるらっきょう臭と、

あの「もきゅもきゅ」した食感が...。

 

万人受けする感じだと若採りした方が良さそうです。

まだ畑には残っているので残りはしばらく様子見です。

 

次に、こちらも前回記事にて育苗していたトマトたちですが、

発芽してきたこともあり、べたがけしていた布によって

芽が折れてしまいそうでした。

 

また、安定した気温を残すために素人考えながら「簡易温室もどき」を

作ることにしました。

f:id:caicon:20200509221743j:plain

簡易温室もどき1号

ダンボールの底を開き、ピンで固定し、

上面には従来通り布を洗濯バサミで留めました。

降雨があった場合の耐久性を不明ですが、少しは保温性があると信じて。

 

f:id:caicon:20200509221941j:plain

畑の全景

こんな感じで発芽した育苗トレーを一通りセット。

上手に育ってくれたら良いなあ。

 

2020_02

前回の続きを。

 

caicon.hatenablog.com

 忘れないうちに早く早く!!

 

(2020.04.25)

これはおそらくブログに書いていないのですが、

畑の片隅に、

を植えていました。

基本、日当たりの良いところに植えて、あとは放置だったので、

雑草に飲まれていくのを見て、

「ああ...」と思っていたのですが、

思い立って一気に雑草を刈ると、

f:id:caicon:20200502202210j:plain

ブルーベリーの苗木の開花

ボケていて何が何だかわからないのですがスズランのような花が咲いていました。

 

次に、新しい夏野菜の苗を植えました。

f:id:caicon:20200502202351j:plain

唐辛子の苗3種類

左から「甘とう美人」、「伏見甘長」、「万願寺とうがらし」です。

ポットのまま水に1時間ほど浸けて、そのままじゃがいもマルチの余った場所に。

 

そして、

f:id:caicon:20200502202624j:plain

じゃがいも生育中

じゃがいもはこんな感じです。

今見てもわかるように切れ目を入れていない部分も盛り上がっていて、

いちいち切れ目へ誘導するのが面倒でした。

意外と芽は柔らかく、強引に引っ張っても折れなかったのでそれは幸いでした。

 

最後に、

f:id:caicon:20200502202815j:plain

茎レタスの発芽

トマトと共に種まきしていた「茎レタス」が発芽しました。

この頃はまだ外気が20度になるかならないかぐらいだったので、

トマトは発芽せず。

 

(2020.05.02)

やっと時間軸が今日に戻りました。

まずは嬉しい収穫から。

f:id:caicon:20200502203123j:plain

島らっきょうの若採り

昨年からほぼ放任栽培していた島らっきょうですが、

ふと思い立ち掘り起こしてみました。

思っていたより地中深くまであって大変でしたが無事に収穫。

今日は乾かして明日食べてみます。

 

f:id:caicon:20200502203427j:plain

じゃがいも生育中

左から「インカのひとみ」、「アンデスレッド」、「グラウンドペチカ(2畝)」

ですがはっきりと生育に差が出ているなと。

グラウンドペチカはほぼ全ての切れ目から芽が出ており、樹勢も強いです。

インカのひとみはその逆。アンデスレッドはその中間でしょうか。

 

f:id:caicon:20200502203814j:plain

じゃがいも生育中

左から「インカのひとみ」、「シャドークイーン(2畝)」、「ノーザンルビー(2畝)」

こちらもインカのひとみは樹勢が弱いです。

また、シャドークイーンの左畝だけ異様に生育が良いです。

これはおそらく植えつけ場所の関係で、種芋を丸々一個植えたものと、

切って植えたものがあったことによるものと思います。

 

f:id:caicon:20200502204300j:plain

シャドークイーンの葉

もう黒みが出ています。

 

f:id:caicon:20200502204350j:plain

ノーザンルビーの葉

もう赤みが出ています。

 

そして最後に、

f:id:caicon:20200502204436j:plain

トマトの発芽

やっとトマトくんたちが発芽してくれました。

ここ数日は外気30度に近いくらいの日が続いていたので良かったです。

ただ、このペースだと植えつけが6月、下手すると7月くらいに...

まあ、あまり気にせずダメならダメで考えたいと思います。

 

以上、矢継ぎ早にここ数ヶ月の動きをば。

これからは何かと動きがあるかと思うので、

「密に」ブログの更新をしたいと思います。

 

f:id:caicon:20200502204717j:plain

島らっきょう収穫

食べるのが楽しみです。

 

2020_01

全国的に夏日に近くなった今日ですが、

御多分に漏れず25度以上を超える絶好の畑日和になりました。

GWもどこにも行かずに暇を持て余しているので、

冬明けから今日までの作業を備忘録的にまとめて残していこうかと思います。

 

(2020.03/07)

f:id:caicon:20200502193948j:plain

植えつけられる種芋たち

今年は去年より大きな畑が借りられたので、

「農業所得を出す」を目指して少しばかり大規模に展開することとしました。

まず、畑の始まりとして選んだのは「じゃがいも」。

f:id:caicon:20200502194232j:plain

ノーザンルビー種芋

f:id:caicon:20200502194251j:plain

アンデスレッド種芋

f:id:caicon:20200502194314j:plain

グラウンドペチカ種芋

f:id:caicon:20200502194510j:plain

シャドークイーン種芋

f:id:caicon:20200502194535j:plain

インカのひとみ種芋

以上、5種類を植えつけました。

それぞれ少し自宅の一部屋に置き、カーテンは開けて部屋自体は締め切った状態にし、

一月ほどして芽出しを確認後に植えつけました。

 

(2020.04.12)

晴天をみていよいよじゃがいもたちを植えつけました。

基本的には週末農業スタイルなので、雑草の相手が辛いため、

マルチを張るスタイルです。

f:id:caicon:20200502195351j:plain

種芋植えつけ後の風景
  • 95cm幅黒マルチを張る
  • 株間30cmの2列によりカッターで切れ目を入れる
  • 入れた切れ目に種芋を差し込む(基本は「逆さ植え」)

雑誌に掲載されていた上記のやり方にしました。

黒マルチで日光が遮られているため、土寄せの心配が無いのと、

収穫の際はマルチをはがせばゴロゴロ拾うだけでOKというのが良いなと思い。

 

ただし、今現在になって思うとより良い植えつけの順番は、

  • 畝を作る
  • 種芋を置く
  • 黒マルチを上から張る
  • 芽が出てきてマルチが盛り上がっている部分に切れ目を入れる

この順番がベストかなと思いました。

理由は、後々の写真にも出てきますがあらかじめ切れ目を入れてしまうと、

必ずしもそこから芽が出てくれるとは限らず、

加えて芽が切れ目から出る最中でより切れ目を広げてしまうからです。

 

この黒マルチ栽培は日光が当たらない(=芋が緑化しない)のがミソなので、

あまり切れ目を広げたく無いのです。

 

話は変わって、写真の右隅にあるのはトマトの種まきをしたものです。

珍しいトマトだったので苗がなかったのと、

種から育てるのも勉強と思い育ててみました。

 

(2020.04.15)

またまた話が変わって今度は越冬した玉葱について。

順調にすくすく育っていたのですが、

f:id:caicon:20200502200209j:plain

玉葱の葉枯病

葉っぱに斑点模様が。

「割とこんな玉葱よく見るよなあ」と思いながら、

何らかの病気なんだろうと調べて見ると、

ボトリチス菌による葉枯病にたどり着きました。

原因は密植と水はけの悪さと、痛いところをつかれたなあと。

 

とりあえずこれも調べた「竹酢液」を所定まで薄めたものを散布しました。

結果、今現在は斑点は少なくなり順調に育っているのですが、

こちらも反省点。

前のブログに書いたような「密植植え」ですが、

 

caicon.hatenablog.com

 絶望的に水気はけが悪い畑ではこうした病気にかかりやすくなる気がしたのと、

加えて土が硬くしまりすぎているので密植すると、

玉葱があまり大きくならない気がしました。

ただ、まだ生育途中なのでどうなるかはわからないです。

 

そして、

f:id:caicon:20200502201750j:plain

じゃがいもの発芽

発芽しました。

(その2へ続く)

収穫中間報告〜セロリアック編〜

こんにちは。

前回の記事では雪の降った・降らないあたりの時期で、

流石にセロリアックの片付けもしないと、

なんて思っていたのですが。

 

ここ数日は嘘のような晴れ間と温かい天気が続き、

「まだおっきくなるんじゃないか...」

「もう少し、もう少し...」

と無意味な抵抗をしていました。

 

そうしたところ、

f:id:caicon:20200214175742j:plain

セロリアック2月(11ヶ月経過)

分かりづらいのですが、

「トウ立ち」しているような感触が...

植物は温度や日長など、ある一定の条件が揃うと、生長点(茎頂分裂組織)に花芽ができ(花芽分化)、その後、花芽が発育してトウ立ちし、開花へと進みます。この花芽分化が栄養生長から生殖生長への転換点となります。
いったん生長点に花芽が形成されると、新たな葉ができなくなります。

これはいかんと思い、数少ないセロリアックの栽培記録等を探すと、

定植したての小苗が、12.7℃以下の気温に10日間以上当たると、トウ立ちの原因になります。

との文言が。

植え付けの遅かった今回のセロリアックのサイズは小苗と呼んでも

おかしくないサイズ。

加えて、ここ数日の温暖な天気の前は氷点下も珍しくない寒い天気が続いていました。

 

まだそうと決まったわけではないのですが、

なんとなくそんな気がしてしまい急いで収穫。

(ただし、億が一の確立にかけて全て収穫しないところもあったり...

 

f:id:caicon:20200214180646j:plain

セロリアックの断面

今回収穫したセロリアックの根部はゴルフボール大よりやや小さめ程度。

前回の際よりは大きくなっていましたが、

反面、葉の部分はえぐみがひどく食べられませんでした。

(茎の部分は前回同様食べられました。

 

f:id:caicon:20200214180910j:plain

セロリアックのポトフ

大きめにカットしてポトフ風のスープにして頂きました。

(中央の西洋ワサビみたいな見た目のものがセロリアックです。

肝心のお味はまろやかなセロリという感じで、

なんとも形容しがたい旨味。

香りづけにもバッチリで汁物にも相性が良いみたいです。

 

育てるのは大変ですが、それにたり得る味を持つセロリアック

今年も頑張って作り続けてみたいと思います。


 

冬の畑とセロリアックの挑戦

こんにちは、

2020年も1ヶ月が過ぎて2月も半ばに差しかかろうとし、

雪も降らないので春植えのことも考え始めた矢先、

 

雪が降りました。

 

今日はそんな雪が降る前の畑の状況をば。

f:id:caicon:20200208213242j:plain

たまねぎの追肥

初めて育てたたまねぎですが、

活着後はあんまり育たないんだなあと感じました。

よく「野菜は寒さに当たると大きくなる」みたいな知恵袋的情報を聞くので、

きっとそうなんだろうと信じ、とりあえず追肥をしておきました。

 

あと、保温のために定植後に籾殻を撒いておいたのですが、

そのせいなのか、あるいは植え付けが冬だったからなのか、

雑草が全然無くって驚きました。

 

f:id:caicon:20200208213534j:plain

にんにくの畝

こちらがにんにくの畝。

たまねぎと同様に籾殻は撒いたのですが、

雑草が茂った上に撒いたのであんまり効果もなかったみたいです。

(そもそもこまめに雑草処理をすればいいという話はおいておいて。

 

f:id:caicon:20200208213739j:plain

2月のセロリアック

そして昨年の3月頃に種まきをして、約一年。

暑さには弱いが寒さにはすこぶる強いということが分かったので、

どこまで生育期間が続くのか実験的に残しているセロリアック

 

 

caicon.hatenablog.com

 

もう少し暖かくなったら今年の種まきをとも考えていますが、

ここにきて成長が進む2019ver.セロリアック

前記事の通り、定植が遅かったこともあり今になっての成長なのかなと思います。

 

ですが流石に雪も降り、

そろそろ収穫しようと思います。

次回はセロリアック大収穫祭り!!